ホースバンド、クリップ等特殊線ばね・バネを製造 愛知郡東郷町石川製作所

設備・工程

独自設計・自社独自のフォーミングマシン

バネの製造機械は、元々エンジニアである社長が考案し、協力企業のサポートで作った自社製です。製造機械の自社設計により、より高品質に安定したバネの量産を可能にしています。

設備1

マルチフォーミングマシーン

設備2

新型INFフォーミングマシーン

ドイツ製の高性能機器

ドイツWAFIOS社製のNCN機FMU-2を導入。コンピュータ制御によってより精密かつ複雑な仕様ニーズに対応しています。

設備1

FMUフォーミングマシーン

設備一覧

準備中

製造ライン 工程

製造ライン図

成 形

(マルチフォーミングマシーン、新型INFフォーミングマシーン、FMUフォーミングマシーン)
ばね用硬鋼線を使用し、ばねやホースクリップの形にしていきます。

成形

検 査

ばねが正確な寸法や角度になっているかを検査します。

成形

熱処理

成形した製品を焼鈍(300℃~435℃)する事で、ばね製品(弾性体)となります。

成形

表面処理

サビ止めや識別などの為に表面処理を行います。

荷 姿

顧客のニーズに合わせた荷姿にして、通い函に収めます。

荷姿

出 荷

ばねをパレットにまとめてトラックに積み込み、自動車工場等に運ばれ組み立てられます。

出荷

トップへ戻る 上に戻る